相見積もりは必須

引越し業者を決めるうえで料金は大きなウエイトを占めているはずです。どうせならなるべく安く引越ししたいと誰もが考えていますし、それを考えると相見積もりは必須と言えるでしょう。相見積もりとは複数の業者から見積もりを取る手法で、引っ越しだけでなく住宅リフォームなどでもよく用いられる方法です。

相見積もり相見積もりは複数の会社に見積もりを依頼しますから大まかな相場を知ることができます。また、仮に一社が法外な価格をふっかけてきたとしても他社の見積りと比較できますから騙されるようなこともないでしょう。比較対象ができるためその中からもっとも安い業者を選ぶことができるのも相見積もりのメリットです。

相見積もりなら確かに安い業者を見つけられますが、引っ越し業者選びは料金がすべてではありません。安いに越したことはありませんが、それ以外の部分もきちんとチェックしてトータルで選ぶことが大切です。いくら安くても仕事が乱雑だと大切な家具家電を傷つけられてしまう恐れもあるでしょう。そのため、相見積もりでは価格だけでなく内容や保証などについてもチェックしておくべきです。それをしっかりと踏まえたうえで相見積もりを最大限活用してみましょう。

業者選びの基本

一昔前だと引越し業者を選ぶときには電話帳を使うケースが多かったのですが、現在ではネットで業者を探すことがほとんどです。多くの引越し業者はインターネット上に公式ホームページを運営していますから、まずはそのエリアで営業している業者をいくつかピックアップしてみましょう。

チェックピックアップしたら営業年数を確認します。会社概要のページを確認し、いつから営業している会社なのかをチェックしてください。やはり長いあいだ営業している会社のほうが昨日今日できた会社よりも安心です。また、料金がホームページ上に明記されているかどうかも重要なポイントですからきちんとチェックしましょう。料金が明記されていない場合だと後から追加料金が発生する可能性もあります。

業者によってはいろいろなプランを設けていることもありますから、単身引越しのプランがあるかどうかも確認してみましょう。お値打ちな単身プランを設定しているような業者もいますから、そのような業者を選ぶと割安に引越しできるかもしれません。気になる業者を見つけたら実際に電話をかけて従業員の対応も確認することです。言葉遣いがきちんとしている会社は社員への教育も行き届いていますから比較的安心と考えられるでしょう。

単身引越しの業者選び

引越しは面倒なものですし単身でもそれなりに時間と手間がかかってしまいます。自分で思っていた以上に荷物が多いということも多々ありますし、荷造りもろくにできなかったという経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。独身者でも大量の荷物があるケースは少なくありませんし、荷造りを始めたらどんどん荷物が増えて収集がつかなくなるというケースもあります。

単身引越し単身引越しだと自身で行うことも多いと思いますが、マイカーで荷物を運ぶにしても何往復かする必要があるでしょうし、小さな車だと荷物もほとんど載らないため丸一日費やしてしまうことも考えられます。また、大きな荷物や重量のある家具家電などを運ぶとなると部屋の壁や床を傷つけてしまう恐れがありますし、余計な費用がかかってしまうことも考えられるでしょう。そうしたことを考えると単身引越しでも専門業者を利用したほうが良いのではないでしょうか。

ここでは、近々引越しを検討しているという方のために業者の選び方についてまとめてみました。引越し業者は大手から零細までさまざまな会社が存在しますし、サービスのクオリティや内容は会社によってまちまちです。業者選びで失敗してしまうと大切な家具を傷つけられてしまったり、割高な料金を請求されてしまう恐れもあるでしょう。ここでは業者選びのポイントをいくつかご紹介しますから、今後引越しする予定だという方はぜひ最後まで目を通してください。